妄草の想原

妄想、連想、感想、そして愛想

【連想】 「天国から来たチャンピオン」を観てみた

今回、観た・・・かなり前に観た映画の話になるんだけど・・・。

「天国から来たチャンピオン」の感想と言うか、観て連想したと言うか。

今まで、書こうと思ってたけどなかなか気力が起こらなくてwww

かなり前にBSでやってた奴なんだけどね。

 

あらすじとしては。

アメフトの選手ジョーが出場の決まったスーパーボウルを前に交通事故で亡くなるだけど。

自分の死に納得出来ないジョーは、大天使にクレームを言うが、実は彼の死の予定は50年先だと分かり、地上に戻るも、ジョーの肉体は火葬されていた。

代わりの体として、色々と探してみるも、ジョーの要望は多くて、なかなか見つからない。

色々断って、提案を受けたのは大富豪ファーンズワースの肉体だった。

そこで、ファーンズワースに公害問題に抗議してきたベティーに一目惚れして、ファーンズワースの体をしばらく借りることにした。

 

って話なんだけど、まぁ、導入部分が幽遊白書だなぁって。

こっちの方が時代としては先、寧ろ「亡くなった人が天国の案内人の協力により復活する」って設定のはしりだそうで。

 

あと、ググると、「君の名は。」が出てくるらしいが、そっちは観たことないので割愛。

昭和の方は、「。」が付いてないからね、「藤岡弘」と「藤岡弘、」みたいなもんだから(多分違う)

 

 

俺の場合、どちらかと言うと、「クオリア(質感)」とそれに基づく記憶を連想した訳で。

肉体はファーンズワースだけど、クオリアや記憶はジョーの物。

ファーンズワース氏の最初のクオリアや記憶は、ジョーが入る前に嫁に殺された時に失った物で、その空の部分にジョーが入って・・・。

って書き方をするとクオリアと記憶と魂が混合してアホみたいなことになってるけど。

なんか、色々考えてたけど、忘れたwww

 

なんだかんだあって、ファーンズワース(ジョー)は嫁に射殺され大天使と次の肉体を探し、ようやく見つかる。

それは、ファーンズワース(ジョー)が買収した「ラムズ」の選手トムである。

トムとして死亡した体にジョーの魂が入り、活躍の末にスーパーボウルに勝利する。

が、トムの肉体に入ったジョージョーとしての記憶が無くなりトムとして生きることになる。

 

これって、普通にジョージョーとしてのクオリアが失われ、トムとしてのクオリアとして生きるって事?

「トム1(元々のトム)」の魂やクオリア、記憶は失われたけど、「ジョー」の魂が入るも、ジョーとしての記憶は失われ、自分がジョーである事を失い、「トム2(ジョーの魂、ジョーとしての記憶はない)」になり、完全にトムと同化して・・・。

 

結局、ジョージョーとしてのクオリアは失われたことになる?

そう考えると、記憶とクオリアって一緒なのか、魂って何かってなって。

別にクオリア自体は全く無くなった訳でもないしなぁ。

記憶については、ジョージョーであったと言う証を失った訳だが。

 

つまり、「魂」は、個人その人となりえる部分は何か?なんて事を考えているんだけど。

たとえ、記憶が無くなっても、その人のクオリアは失った訳ではないと思うんだけど・・・。

なんか、結果だけ考えたら、別にクオリアとか関係ないんかね?って思ってしまった・・・。

 

こーゆー事は、もっと頭の良い人に任せた方が良いよね?

この映画を観て、そんなことを考えさせられました。