妄草の想原

妄想、連想、感想、そして愛想

【感想】 「アイアンマン」を観てみた

久々にTVで録画した映画を観る余裕が出来たので観てみた。

かなり前に録画した「アイアンマン」、放送日と現在の日にちを比べたら1か月くらい放置してた。

 

アイアンマン、どんな話かって言うと。

財産も知能もある社長が自社のミサイルの実験の際にゲリラに拉致されてミサイルの破片が胸に刺さって何か埋め込まれるわで、自社の兵器がよろしくない事に使われていたと知って、同じく捕虜とされた人と一緒にスーツ作って脱走して、保護されて。

で、正義に目覚めて、会社で兵器作るのやめまっせーって事で、裏では自費を投じてスーツを開発。

スーツを完成させてからは悪党をシバいて「謎のヒーローアイアンマン」って事になって。

そしたら、副社長がアレでアレしてシバいて後日メディアの前で「私がアイアンマンだ!!」って事で終了。

 

かなりザックリとしたあらすじ紹介してみたけど。

いやぁ、普通に面白い、マジでエンターテインメント!!

 

しかし、いきなりあんな凄い出力を引き出すスーツを着るとなると、かなり体を鍛えないとダメな気がするなんて細かい事を気にしてしまうが、特撮やヒーロー物でそんなことを考えるのはナンセンスだよね。

あと、アニメの「タイガー&バニー」のワイルドタイガーのスーツっぽいなぁって思うけどアイアンマンが元ネタ?

とは言え、あっちはスーツ関係ない主人公の能力がメインで、アイアンマンはあくまでスーツのみの力だけど。

 

うん、他に何も言うことないね。

こういうのは、ちゃんとした映画評論ブログでも見れば良いじゃないって思う。

何も考えずに観てしまったので、言うことない(二回目)

 

昔、スパイダーマンも観てて面白いなぁって思ってたけど、アイアンマンもなかなか面白かった。

アメリカンヒーロー、マジでアメリカンヒーロー!!

 

ヒーローは、日本でもアメリカでも良い物は良いって「アイアンマン」を観て改めて思った。