妄草の想原

妄想、連想、感想、そして愛想

【感想】 「アポロ13」を観た

タンパク質が足りないと、スーパーで一口ハンバーグを買って、食べたら気持ち悪くなった、鷹水千冬です。
せめて、炭水化物は必要だった・・・。


このブログ、一応は映画を観た感想を呟いたりしますが、他の映画レビューサイトの様に写真とかないからね!!
何、TVに向かってガラホカメラでパシャりする?
本だったら、表紙をパシャり出来るけどね。

で、かなり前にBSで録画した「アポロ13」って映画を観たんですけど・・・。
いやぁ、さっぱり内容が入って来なかった。
まぁ、作業しながら再生してたから余計にね。
どんな話だったっけ?

以前、「2001年宇宙の旅」を観たときもよく分からなかったし、もしかして俺、SFは理解できない頭してるの?って思った。
だけど、「月に囚われた男」「オデッセイ」は好きだし、漫画だと「宇宙兄弟」もF先生のSF短編も好きだし、一概にSFと言うジャンルは苦手では無いんだけどなぁ。

って、「アポロ13」はSFか?
よくよく考えたら史実を元にしたドキュメント映画かしらん?

結局、評価も批判も出来るレベルで観てないので・・・。
コレを「感想」と言って差し支えあるかどうかは別にして。
アポロ13」のアレコレについては他のブログさんで見れば良いし、間違って検索に引っ掛かってこのブログを見てしまった場合は凄く申し訳ないと思います。

そう思うなら、何故書いた?
そう聞かれたら、「うーん、更新頑張りたいしぃ?」としか言えません。

ぶっちゃけ、本来はそんなに映画は興味ないんだよねぇ~。
ただ、視野を広げたいから観てるだけだしぃ。
なら、インプット、アウトプットで感想書けたらえぇやんってだけだしぃ。
まぁ、良い映画の良さは分かるんですけどね。

・・・。

うん、なんか、サーセンでした。

次回こそ、ちゃんとした感想を書けたら良いなぁと思います。
もしくは、連想を。