読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄草の想原

妄想、連想、感想、そして愛想

【読書】 「LAST Fantasy」を読んでみた

「水曜どうでしょう」が大好きな私は、「ミスターどうでしょう」である鈴井貴之氏の小説を読みました。 内容としては、鈴井さんの「前口上」「小説本編」「後口上」「本編その後」となり、「前口上」「後口上」はエッセイだねコレ。本編のあらすじは、子供の時に母親に捨…

【読書】 「下ネタの品格」を読んでみた

たまには、小説以外の書籍も読みます。2014年1月にこの記事を書きました。 「下ネタの品格」一言で説明するなら、偉い先生達の性についての対談の本。「性についての本を読むなんて不潔よ!!」と思われるかも知れませんが、性について不潔やら下品と思う思考こそ…

【読書】 「きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)」を読んでみた

宮藤官九郎氏の初の小説を読んでみた。「木更津キャッツアイ」好きの俺が宮藤官九郎氏の小説を読まない訳にはいかないって事で読んでみた。 エッセイは読んだ事はあるんだけど、小説は初めてだったんかい!!で、その小説がコレ。 「君は白鳥の死体を踏んだことあ…

【読書】 「いとみち」を読んでみた

また、新しいテーマを作ってみた。「読書」、つまりは読書感想文みたいな、思った事を呟いたりとか。 まぁ、ぶっちゃけ、元々他のブログで書いたことをこっちに移植って事で。 この記事は、2013年11月・・・結構前に書いたなぁ。軽くネタバレみたいな事も言う…